パート求人という呪いについて

人気記事ランキング

ホーム > > 男性ホルモンに働きかける、育毛剤の成分。

男性ホルモンに働きかける、育毛剤の成分。

男性型脱毛症は、
睾丸で生産される、男性ホルモンのテストステロンが、
体内を巡っていく中で、
頭皮にある毛乳頭にたどり着き、
そこにあった5αリダクターゼと結合する事が、
きっかけとなります。
5αリダクターゼと結合したテストステロンは、
ジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変質し、
このDHTが毛乳頭に働きかけることで、
ヘアサイクルの成長期が短くなり、
薄毛へとつながるのです。
さらには毛穴から分泌される油脂の量を必要以上に増やします。
そうなると、頭皮が炎症を起こし、
新たな脱毛症の原因となってしまいます。
こうならないようにするには、
どうしたらいいでしょうか。
テストステロンと5αリダクターゼの結合を、
うまく阻止できればいいのです。
そういった作用があるのが、
フィナステリドという医用成分です。
このフィナステリドを用いれば、
テストステロンと5αリダクターゼの結合は阻止され、
DHTも生成される事がありません。
そうして、毛乳頭の活動も正常なものとなり、
健康な髪の毛が育っていくようになるのです。
さらに詳しく→abusverlag.com